芸術学部2019年4月入学定員増 177人→190人

豊かな感性と創造力で新しい時代へ導く。 将来の夢や目標を叶える8つの専門コース

専門性のある技術を修得しながら、豊かな「人間力」を養うことで、社会の中で芸術やデザインの果たす役割について考え、実践できる人材を育成します。

  • 造形芸術学科 ゲ ーム・アプリケーションコース2019年4月開設

    造形芸術学科 ゲ ーム・アプリケーションコース

    実践的なゲームグラフィックスを学び、ゲーム業界で活躍できるプロを育成します。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 最新の制作現場のノウハウを 体験できる学び
      「ディライトワークス株式会社」との連携や、実際の 企画書を用いた実践的な授業を展開。最新ゲーム エンジン「Unreal Engine 4」や「VR」を使い、「今」 求められるスキルを修得します。
    2. 2 4年制大学だからこその 充実したカリキュラム
      1年次にはデザインの基礎力を身につけます。2~4年 次にはインターンシップや産学連携などのプロジェクト 演習を通じてプロの制作現場を体験し、豊富な制作 実習を繰り返します。
    3. 3 クリエイターに必要な 「人間力」の獲得
      デザインスキルだけでなく、アイデア力や思考力を鍛え ます。またプロの制作現場と同じ制作プロセスのグ ループワークで、アートディレクション力やチーム運営 能力を磨きます。
  • 造形芸術学科 マンガ・デジタルアートコース

    造形芸術学科 マンガ・デジタルアートコース

    創造の原点を学び、マンガ・デジタルアートのプロになる。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 プロのトップクリエイターから直接学ぶ
      マンガ、イラスト、ゲーム、SNSなど、業 界の第一線で活躍するプロのクリエ イターが、一人ひとりの個性に合わせ て直接指導します。
    2. 2 実習授業で、時代に即した技法を修得
      マンガ、イラスト表現の多様化する ニーズに応えられるよう、最新のデジ タルツールを駆使し、時代に即した技 法を実践的に学びます。
    3. 3 伝えるためのコミュニケーション力を修得
      自分の作品が読者にどう伝わるかを 常に考える習慣づけをし、企業連携 やコンテストなど外部との関わりの中 でプロをめざします。
  • 造形芸術学科 美術・アート表現コース2019年4月開設

    造形芸術学科 美術コース

    社会で通用する アート表現を身につける。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 幅広い美術表現を すべて学べる
      1年次には絵画表現・工芸表現・立体造形・アート コミュニケーションを幅広く学び、基礎を備えてから 専門の学びへとステップアップします。
    2. 2 表現者としての スキルと感性を磨く
      地域や子どもと関わりながらより良い生き方を創出できる、 社会に対して影響力のある人材を育成します。縦割り 学習や外部コンペも行われます。
    3. 3 培った感性と表現力を 社会に活かす
      教員免許状や博物館学芸員の資格取得、美術関 連施設のインターンシップなど、専門職や一般企業に も通じる学びがあります。
  • 造形芸術学科 アニメーション・キャラクターデザインコース

    造形芸術学科 アニメーション・キャラクターデザインコース

    アニメ、キャラクターデザインから、日本の文化を創造する。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 幅広いジャンルの表現手法を学ぶ
      アニメ、ゲーム、映像、アプリなど、さまざまな媒体での表現手法を学び、ジャンルを問わず活躍できるクリエイティブ力を養います。
    2. 2 エンタテインメントの現場を学ぶ
      商業用に使用されたデジタルデータを教材として使い、実践的にエンタテインメント・メディアの技術を学びます。
    3. 3 業界での活躍につながるスキルを身につける
      監督やプロデューサーに必要な力のほか、デザイン力、企画力、音響技術など幅広いスキルを身につけ、企業連携やコンテストへの応募を通じて、エンタテインメント業界への就職へとつなげます。
  • 造形芸術学科 ビジュアルデザインコース

    造形芸術学科 ビジュアルデザインコース

    毎日の暮らしを彩る、広告デザインのプロフェッショナルになる。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 グラフィックデザインの基礎を学ぶ
      グラフィック広告やWebデザインを通じて、コンピュータ、写真、印刷、色彩など視覚伝達の基礎技術を学びます。
    2. 2 企画からデザインまでトータルに学ぶ
      市場調査やイメージ戦略の企画立案から、広告、ロゴ、パッケージ、編集までを計画し、ビジュアルデザインの実践力を養います。
    3. 3 広告業界のプロフェッショナルをめざす
      産官学連携やインターンシップなど実践的な授業を通じて、創造力、柔軟な企画力、表現力を磨きます。
  • 造形芸術学科 イラストレーションコース

    造形芸術学科 イラストレーションコース

    人を楽しませる、イラストレーションの世界で羽ばたく。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 描くことの楽しさ、原点を学ぶ
      イラストレーションの基礎から専門的な発想 力、表現技術まで学び、描くことの楽しさを感じ ながら、表現の幅を広げます。また、制作技術 だけでなく視覚伝達法などを理論的に学び、イ メージを効果的に具現化する力も養います。
    2. 2 平面から立体まで、幅広く「描く技法」を学ぶ
      基本となる、手描き、デジタルイラストのほか、立体表現としての絵本やフィギュア制作、アニメーションまで多様な表現技術を経験することで、「描く技法」を修得します。将来、イラストレーションに関わる職業選択の幅を広げます。
    3. 3 職業を意識して、イラストレーションを学べる
      職業としてイラストレーションを活かす上で大切な「必要とされる絵が描ける力」。本コースでは、プロからの指導やインターンシップの機会を通じて、ビジネスとしてのイラストレーションの必要性と、さまざまなデザイン手法を実践的に学びます。
  • 造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコース

    造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコース

    自由な発想を大切にしながら、快適な生活をデザインする。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 ものづくり・空間づくりの基礎を学ぶ
      木材・金属・繊維などの素材体験、平面・立体・色彩構成などの造形基礎、コンピュータ技術を学び、基礎的なスキルを身につけます。
    2. 2 使う人の視点に立って、考える力を養う
      雑貨から住まいまで、暮らしのシーンやニーズに合ったデザインを多様な視点を持って考察し、企画力や発想力を修得します。
    3. 3 発想をカタチに、創る力を身につける
      思い描いたアイデアを実際にデザインし、カタチにする技術を学びます。さらに展覧会、企業との連携により社会に向けて発信する力、伝える力を養います。
  • 造形芸術学科 テキスタイル・ファッションデザインコース

    造形芸術学科 テキスタイル・ファッションデザインコース

    素材とデザインを学び、本物のファッションを創り出す。

    コース紹介はこちら

    学びのポイント

    1. 1 独創性と市場性を身につける
      いかに独創的で個性的、かつ市場へとつ ながりうるファッションを提案できるか。それ を可能にする大きな要素が、ファッションの フォルムに合わせた色や模様のテキス タイルを独自のデザインで創ることです。
    2. 2 設計し、ミシンで縫う喜びを感じる
      デザイン画でイメージした服の形、それを実現するのが設計図にあたるパターンとミシンです。人が着装し動き、一層魅力的にみえる服づくりには、パターンを的確に作成し、きれいに縫い上げる技術を磨くことが必要です。
    3. 3 プレゼンテーション力を養う
      自分のファッションデザイン企画をいかに効果的に伝えるか、また完成したファッションをいかに魅力的に演出して見せ、強く印象づけるか。これらをプロフェッショナルな教員による授業や、ファッションショーでの実践を通じて学びます。

芸術学部 トピックスはこちら