調理・製菓学科

人を幸せにする「調理師」になるための高度な技術と総合的な人間力を養います。 「食の大阪成蹊」として、2年間で着実に一流の技術を育成します。

大阪成蹊短期大学の総合生活学科 食物コースは、調理クラス・フードコーディネートクラスの2つの専門領域を持ち、食に関する幅広い知識と高度な調理技術、そして豊かな教養を備えた優秀な調理師・フードコーディネーターを世に送り出してきました。
2016年4月、これらの実績をベースに、食物コースを「調理・製菓学科」にグレードアップ。さらに、調理コース・フードコーディネートコースに加えパティシエを育成する「製菓コース」を新設いたします。

  • 調理・製菓学科 調理コース

    調理・製菓学科 調理コース

    人を幸せにする「調理師」になるための高度な技術と総合的な人間力を養います。

    料理・カフェ・製菓の多彩な実習や、調理師免許取得に必要な講義など、基礎から着実にステップアップできるカリキュラムで、調理の腕とアイデアを磨きます。料理で人を幸せにするプロの調理師として活躍できるよう、一般常識やマナー教育も充実させ、総合的な人間力を養います。

    学びのポイント

    1. 1 和洋中やエスニックなど学ぶメニューは400種類以上
      包丁の研ぎ方や野菜の切り方などの基礎技術から、専門食材を扱う応用実習まで、豊富な実習時間と質の高い実習内容を準備しています。
    2. 2 料理、カフェ、製菓、レシピ開発など多彩な実習で総合力アップ
      カフェ実習や製菓実習で活躍の場を広げます。各自が知恵をしぼる「アイデア丼コンテスト」は、原価計算や材料発注の勉強にもなります。
    3. 3 第一線で活躍するシェフや料理長による特別授業
      一流ホテル、有名レストランなどのシェフや料理長を招いての実習では、お店のレシピを通して直接指導を受けられます。

    コース紹介はこちら

  • 調理・製菓学科 製菓コース

    調理・製菓学科 製菓コース

    高度な製菓技術と食品衛生の知識を身につけたプロのパティシエをめざします。

    子どもから大人まで幅広く愛されるお菓子には、人を感動させる美味しさやデコレーションはもちろん、食品としての確かな安全性が求められています。 製菓コースでは、美味しいお菓子を作るための製菓技術と、食品と衛生に関する正しい知識を身につけ、在学中に製菓衛生師免許の取得をめざします。

    学びのポイント

    1. 1 製菓衛生師試験の在学中合格をめざす
      国家資格である「製菓衛生師」の受験資格取得に対応したカリキュラムで、2年次の国家試験合格をめざします。フードスペシャリストの資格も取得可能です。
    2. 2 基礎から応用まで豊富な実習
      1年次の基礎実習では製菓の基本技術を確実に身につけ、2年次ではより技術を高められるよう、高度製菓実習および応用製菓実習を用意しています。
    3. 3 製菓関連科目の充実
      色彩学やラッピングなどの関連科目を学ぶことで、お菓子の製作から商品としての販売まで、総合的に理解を深めることができます。

    コース紹介はこちら

  • 調理・製菓学科 フードコーディネートコース

    調理・製菓学科 フードコーディネートコース

    食を通じて社会に喜びと豊かさを実現する。

    食物学、経営学、情報学の3領域を基礎として、ビジネスの視点から『食』をとらえる力を養います。外食産業・中食産業や食品流通業、食品メーカーなどの食関連産業のさまざまな分野でマネジメント力を発揮し活躍できる人材を育成します。

    学びのポイント

    1. 1 多彩な実習、演習で、ハイレベルな調理技術が学べる
      「調理学実習・演習」では、さまざまな実習を通じて、調理技術の基礎から応用までを幅広く学べます。
    2. 2 トータルで「食」をコーディネートする力が身につく
      サービス・マネジメント・食空間演出・ラッピングなど、「食」を生産から販売・消費までトータルに学ぶことができます。
    3. 3 多彩な食関連資格と、国家検定受検資格が取得できる
      卒業時にフードコーディネーター3級を取得でき、国家検定であるレストランサービス技能士3級の受検資格も得られます。

    コース紹介はこちら

調理・製菓学科 トピックスはこちら