生活デザイン学科

人を幸せにする「調理師」になるための高度な技術と総合的な人間力を養います。 最先端の服飾についての知識や技術を学び、ファッション業界のプロフェッショナルを育てます。

アパレル素材や取り扱い方、デザイン、洋裁や和裁、ファッションビジネスなどの基礎を学び、感受性だけでなく理論的に裏付けされた様々な知識を学びながら、トータルなファッションセンスを磨きます。

  • 生活デザイン学科 アパレル・スタイリストコース

    生活デザイン学科 アパレル・スタイリストコース

    「デザイナー」「スタイリスト」をはじめ、アパレル業界を切り拓く人材を育てます。

    アパレル・ファッションの世界では、素材やデザインに関する専門的な知識はもちろん、着る人の個性を表現するための豊かな感性が必要とされます。イメージを形にするための知識と技術、ファッションをトータルで考える力を養い、業界を切り拓いていけるプロの人材を育成します。

    学びのポイント

    1. 1 ファッションの根幹をしっかりと学ぶ
      繊維の特徴や縫製技術など、ファッション全体を樹木にたとえるなら「幹」にあたる部分を太く育てます。知識を深め、専門性を高めるカリキュラムが特徴です。
    2. 2 スタイリストとしての資質を備える
      デザイン表現実習では、スタイリストに求められる、自分の個性・世界観を表現するための思考法とデザイン方法を学びます。
    3. 3 短期大学ならではの就職に役立つ資格
      2級衣料管理士資格や教員免許が取れるのは短期大学だからこそ。ほかにもめざせるファッション関連資格が豊富で、就職に役立ちます。

    コース紹介はこちら

  • 生活デザイン学科 ファッションコーディネートコース

    生活デザイン学科 ファッションコーディネートコース

    「コーディネーター」に求められる、総合的なセンスと技術を修得します。

    おしゃれが多様化し個性が求められる中、ファッションで人の心をつかむ「コーディネーター」のニーズが増加しています。アパレルにおいての商品企画や販売促進、色彩にもトータルな知識を持ち、TPOと流行を見極めるセンスや表現力を磨くことで、新しいコーディネートを提案できるプロをめざします。

    学びのポイント

    1. 1 幅広くファッションを学ぶ
      ヘアメイクやアクセサリーなど、ファッション全体を樹木にたとえるなら「枝」にあたる部分を多く学びます。全体を見渡す、広い視野を育てるカリキュラムが特徴です。
    2. 2 ブライダル業界や広報職などでの活躍も期待
      ブライダルコーディネートやファッションビジネスを学ぶ多彩なカリキュラムで、卒業後の活躍の場を大きく広げます。
    3. 3 資格取得でコーディネーターとしての資質を高める
      ファッションに関する資格はもちろん、社会人として必要なビジネスマナーや販売士の資格をめざせるのは総合短期大学ならではです。

    コース紹介はこちら

生活デザイン学科 トピックスはこちら