栄養学科

「栄養士」「栄養教諭」になるための食と健康の知識、技術、教養を学びます。 「栄養士」「栄養教諭」に必要な食と健康に関する知識、 技術、教養を身につけます。

高齢化や生活習慣病の増加とともに、食と健康への関心が高まっている今、 栄養学の視点から人の健康に役立てる「栄養士」「栄養教諭」の活躍が ますます期待されています。専門家として求められる知識と実践力、 さらに社会人として必要な教養を基礎から学びます。

学科紹介はこちら

学びのポイント

  1. 1 卒業と同時に栄養士免許と栄養教諭免許が取得可能
    卒業と同時に栄養士免許が取得できるのはもちろんの事、希望者は栄養教諭免許の取得も可能です。卒業後の就職の幅が広がります。
  2. 2 少人数制の実験・実習で基礎からしっかり学べる
    実験と実習は少人数の班に分かれて行います。知識、技術を基礎からしっかり学ぶとともに、グループでの協調性を養います。
  3. 3 豊富な実習で、現場で役立つ力を養う
    小学校や福祉施設、社員食堂など各施設において、現場の栄養士の指導を受けながら実際の仕事を体験し、現場で役立つ力を身につけます。
  4. 4 管理栄養士に向けて卒業後も手厚いサポート
    「管理栄養士国家試験対策講座」を卒業生対象に開講しています。管理栄養士へのステップアップも可能です。

栄養学科 トピックスはこちら