アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

  • 大阪成蹊大学 アドミッション・ポリシー

    • 本学の教育目的

      • 本学は、建学の精神「桃李不言下自成蹊」の理念に基づき、徳があり、人に慕われ、信頼される人、すなわち「人間力」のある人を育てることを教育の基本目標としています。
        本学では「人間力」のある人を、次のような人であると考えています。

        1. 1.

          幅広い教養と、専門的な知識・技能をしっかりと身につけている人です。社会に出て、学びを活かした分野で活躍するためには、幅広い教養に裏打ちされた「確かな専門性」が求められます。

        2. 2.

          人々や社会が抱えている課題を発見し、解決に向けて行動することができる人です。
          世の中には、多くの課題があふれています。課題を発見し、解決するための、「社会で実践する力」が求められます。

        3. 3.

          何事も一人でではなく、周囲の多様な人々と協力して、取り組むことのできる人です。
          様々な人とコミュニケーションを図りながら、課題の解決に向けて行動するための「協働できる素養」が求められます。

        4. 4.

          どのような時も、人の立場に立って考え、行動できる思いやりを身につけている人です。これは、本学の行動指針としている「忠恕の心」にあたります。

      • 本学では、入学したすべての学生が、こうした「確かな専門性」「社会で実践する力」「協働できる素養」「忠恕の心」を身につけた、「人間力」のある人に成長できる教育を展開しています。

    • 入学者に求めるもの

      • 本学では、入学後の教育を踏まえ、以下のような人の入学を求めています。

        • 1.関心・意欲

          大阪成蹊大学の建学の精神とそれに基づく教育目的を理解し、「人間力」を備えた人に成長しようという意欲を持っている。

        • 2.知識・技能

          高等学校で履修する教科について、内容を理解し、基本的な知識を身につけている。

        • 3.思考・判断・表現

          他者の意図を適切に理解し、自分の考えをわかりやすく表現することができる。

        • 4.主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

          多様な人々とも協働しながら、主体的に学びを深めていこうという態度を身につけている。

    • 入学者選抜の方法と評価

      • 本学では、面接、推薦書、調査書、志望理由書、自己推薦書、小論文、学科試験、大学入学共通テストなどの多様な方法を活用して、入学者の資質を多角的に測り、入学者選抜を実施しています。

  • 看護学部 看護学科 アドミッション・ポリシー

    • 教育目的

      • 看護の実践に必要な基礎的・専⾨的知識と技術や態度を理解し、⾃律して看護実践を⾏うことができるとともに、⽣活する⼈々の多様な健康課題を理解し、⾼度な医療に必要な技術と⽀援を探求できる⼈材、さらに今後、変化する社会が要請する⼈々への⽀援と包括ケアシステムや多職種連携の必要性を考え、地域社会に貢献できる看護職者の養成を教育目的とします。

    • 入学者に求めるもの

      • 本学科では、入学後の教育を踏まえ、以下のような人の入学を求めています。

        • 1. 看護学を学ぶために必要な基礎学力を身に着け、論理的に考え他者に伝えることのできる人。

        • 2. 看護学と看護実践能力を学ぶ主体性を持ち、多様な人々と協働して学び続けようとする意欲を持つ人。

        • 3. 自身と他者を大切に思い、地域で生活する様々な世代の人々の生活と健康について関心を持ち、看護の知識と技術を学ぶことができる人。