併願制度について

  • 総合型選抜入試の併願制度

    大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位)で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 出願の段階で併願制度を利用する場合、第2志望も専願となります。

      • 4. Y日程、A日程(前期・中期・後期)のエントリー書類は、エントリーシート(大学のみ)、調査書(1通)と志望理由書(大学のみ)を提出してください。

      • 5. B日程の出願書類は、入学願書(大学・短期大学)、写真票(大学・短期大学)、調査書(1通)と志望理由書(大学のみ)を提出してください。

      • 6. 面接は、第1志望の点数を第2志望でも用い、配点が異なる場合は換算します

      • 7. 出願資格発表および合格発表は、学科(コース)の中で志望度の高い学科(コース)を通知します。

      【経営学部】

      ● B日程の出願段階において、【自己推薦型】選択者のみ <表1> の通り第2志望にすることが可能です。

      【教育学部】

      • ● Y日程のエントリー段階:幼児教育コースのみ <表1> のとおり第2志望にすることが可能です。
      • ● B日程の出願段階:全コース(初等教育コース、幼児教育コース、英語教育コース、保健体育教育コース)において、 <表1> のとおり第2志望にすることが可能です。

      【芸術学部】

      ● A日程(前期・中期・後期)のエントリー段階、B日程の出願段階において、<表1> のとおり第2志望にすることが可能です。

      大阪成蹊短期大学との併願制度(PDF)

      <表1>

      大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 大阪成蹊大学内での併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位)で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 合格発表は、学科(コース)の中で志望度の高い学科(コース)を通知します。

      • 4. 併願制度を利用する場合、第1志望で選択した受験の「型」で第2志望を判定します。

      • 5. 出願の段階で併願制度を利用する場合、第2志望も専願となります。

      • 6. 面接は、第1志望の点数を第2志望でも用い、配点が異なる場合は換算します。

      大阪成蹊大学内での併願制度(PDF)

      <表2>

      大阪成蹊大学内での併願制度

      ◆ 芸術学部 造形芸術学科は、共通事項2.の通り、最大3コースまで希望順位をつけることができます。

  • 学校推薦型選抜入試(公募)の併願制度

    大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位)で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 合格発表は、学科(コース)の中で志望度の高い学科(コース)を通知します。

      • 4. 併願制度を利用する場合、第1志望で選択した受験の「型」と「科目」で第2志望を判定します。

      • 5. 第1志望と第2志望の専願・併願は統一する必要があります。

      全日程(A日程・B日程・C日程)において、<表3>のとおり第2志望にすることが可能です。

      大阪成蹊短期大学との併願制度(PDF)

      <表3>

      大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 大阪成蹊大学内での併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位) で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 合格発表は、学科(コース) の中で志望度の高い学科(コース) を通知します。

      • 4. 併願制度を利用する場合、第1志望で選択した受験の「型」と「科目」で第2志望を判定します。

      • 5. 第1志望と第2志望の専願・併願は統一する必要があります。

      大阪成蹊大学内での併願制度(PDF)

      <表4>

      大阪成蹊大学内での併願制度

  • 一般選抜入試の併願制度

    大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位)で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 合格発表は、学科(コース)の中で志望度の高い学科(コース)を通知します。

      • 4. 併願制度を利用する場合、第1志望で選択した受験の「型」と「科目」で第2志望を判定します。

      全日程(A日程・B日程・C日程・D日程・E日程・F日程・G日程)において、<表5>のとおり第2志望にすることが可能です。

      大阪成蹊短期大学との併願制度(PDF)

      <表5>

      大阪成蹊短期大学との併願制度

    • 大阪成蹊大学内での併願制度

    • 【共通事項】

      • 1. 併願制度は、学科単位(教育学部はコース単位)で2つまで第1志望・第2志望とすることができます。第2志望は追加検定料不要。

      • 2. 学科内に複数コースがある場合は、学科内の最大3コースまで希望順位をつけることができます。(第1志望学科のみの場合も可)

      • 3. 合格発表は、学科(コース) の中で志望度の高い学科(コース) を通知します。

      • 4. 併願制度を利用する場合、第1志望で選択した受験の「型」と「科目」で第2志望を判定します。

      大阪成蹊大学内での併願制度(PDF)

      <表6>

      大阪成蹊大学内での併願制度